新着情報

長崎大学生協で、Office 365のオプションライセンスが購入可能となりました。
購入できるソフトウェアおよび年間ライセンス価格(税込)は以下の通りです。
 

    • Visio Pro for Office 365 (教職員) : 3,480円
    • Visio Pro for Office 365 (学生) : 2,640円
    • Power BI Pro for Edu (教職員) : 3,240円
    • Power BI Pro for Edu (学生) : 1,800円

 
オプションライセンスの利用の流れは以下の通りです。
 

    1. 利用者が長崎大学生協でオプションライセンスを購入
    2. 長崎大学生協が包括ライセンスサポート窓口へ購入情報を連絡
    3. 包括ライセンスサポート窓口がライセンス増加を確認できたら、利用者にライセンスを割り振り、長崎大学生協に連絡
    4. 長崎大学生協が利用者に連絡
    5. 利用開始

 
※1 ライセンス価格は2016年4月時点のものです。予告なく変更となる場合があります。最新のライセンス価格については、長崎大学生協にお問い合わせください。 
※2 購入から利用開始まで1週間程度かかります。
※3 ライセンス期間は年度末までとなります。年度途中での購入は月割りでの価格となります。
 

利用要領

マイクロソフト包括ライセンスについて

長崎大学は、日本マイクロソフト株式会社と包括ライセンス契約(EES; Enrollment for Education Solutions)を締結しました。
包括ライセンス契約により、長崎大学に在籍する教職員および学生は、長崎大学が定める利用要領に基づいて、日本マイクロソフト株式会社の対象ソフトウェア製品を無償で使用することができます。
 

    • 提供開始: 2016年3月1日
    • 契約期間: 2016年3月1日~2021年2月28日 (5年間)

 
使用する PC の所有者および使用者によって利用できるソフトウェア、特典が異なります。詳細は「教職員向け情報」、「学生向け情報」のページを参照してください。
また、日本マイクロソフト株式会社による FAQ が公開されておりますので、そちらもご参照ください。
 

利用できるソフトウェアと特典

包括ライセンス本体

本学が所有する PC(本学経費で購入したもの、本学経費でレンタルしたもの、本学が譲渡を受けたもの)で以下の対象ソフトウェアが利用できます。
なお、本学が所有する PC であれば、対象ソフトウェアをインストールする台数および利用対象者に制限はありません。
1. Microsoft Office

    • Office Professional Plus 2016 32bit/64bit (日本語/English)
    • Office Professional Plus 2013 32bit/64bit (日本語/English)
    • ※Mac 版の Office については、Teacher Advantage / Student Advantage での提供となります。
    • ※その他のバージョンについては、別途お問い合わせください。

2. Microsoft Windows Upgrade

    • Windows 10 Professional Upgrade 32bit/64bit (日本語/English)
    • Windows 10 Education Upgrade 32bit/64bit (日本語/English)
    • Windows 10 Enterprise Upgrade 32bit/64bit (日本語/English)
    • Windows 8.1 Professional Upgrade 32bit/64bit (日本語/English)
    • Windows 8.1 Enterprise Upgrade 32bit/64bit (日本語/English)
    • ※エディション間の違いは以下のサイトをご参照ください。
    • ※その他のバージョンについては、別途お問い合わせください。

3. System Center Endpoint Protection (※セキュリティ対策ソフトウェア)

    • System Center 2012 Endpoint Protection (SCEP) for Windows OS
    • System Center 2012 Endpoint Protection (SCEP) for Mac OS
    • ※Windows 8/8.1/10 には同等機能が用意されていますのでインストールは不要です。

4. Core CAL (Client Access License)

  • 教職員が以下のサーバー製品にアクセスするためのライセンス
    • Microsoft Windows Server
    • Microsoft Exchange Server
    • Microsoft SharePoint Server

 
包括ライセンス本体を使用するためのダウンロードサイトを利用できるのは、本学の以下の構成員のみとなります。

    • 常勤教職員

 

教職員、学生向け特典:Teacher Advantage, Student Advantage

本学に在籍する教職員および学生は、包括ライセンスの特典 Teacher Advantage, Student Advantage が利用できます。
本特典を利用することにより、最大5台のPC(Mac含む)に最新のOfficeを無料でインストールして利用できます。
詳細は「教職員向け情報」および「学生向け情報」のページを参照してください。
 
Teacher Advantage 特典を使用できるのは、本学の以下の構成員のみとなります。

    • 常勤教職員
    • 非常勤教職員(非常勤講師は除く)

 
Student Advantage 特典を使用できるのは、本学の以下の構成員のみとなります。

    • 学生

 

教員向け特典:Work At Home (WAH)

本学に在籍する教職員は、包括ライセンスの特典 Work At Home (WAH) が利用できます。
本特典を利用することにより、教職員が自宅に保有し業務目的で利用する PC(Mac含む) 1台に有料(1,010円/製品)で対象ソフトウェア(Microsoft Windows Upgrade, Microsoft Office)をインストールして利用できます。
詳細は「教職員向け情報」のページを参照してください。
 
Work At Home (WAH) 特典を使用できるのは、本学の以下の構成員のみとなります。

    • 常勤教職員

 

学生向け特典:Student Use Benefit

本学に在籍する学生は、包括ライセンスの特典 Student Use Benefit が利用できます。
本特典を利用することにより、PC(Mac含む) 1台に無料で対象ソフトウェア(Microsoft Windows 10 Education Upgrade)をインストールして利用できます。
詳細は「学生向け情報」のページを参照してください。
 
Student Use Benefit 特典を使用できるのは本学の以下の構成員のみとなります。

    • 学生

 

教育機関向け特典:Microsoft Imagine(旧 DreamSpark) Standard

包括ライセンスの特典 Microsoft Imagine(旧 DreamSpark) Standard が利用できます。
本特典を利用することにより、プログラミングやサーバー構築といったITスキルの学習や人材育成、研究を目的として、Visual Studio, Windows Server, SQL Serverなどを教職員、学生、研究室のPCにインストールして利用できます。
なお、Microsoft Imagine については、用途が「研究室や学科内での教育と研究にご利用いただけます。教務事務等のインフラ構築や情報センターのような全学レベルや学部レベルの共用施設ではご利用いただけません。」と制限されていますので、利用にあたっては十分にご注意ください。
詳細は「教職員向け情報」のページを参照してください。
 
Microsoft Imagine(旧 DreamSpark) Standard 特典を使用できるのは、本学の以下の構成員のみとなります。

    • 常勤教職員

 
 

注意事項

制約事項

マイクロソフトとの包括ライセンスでは、長崎大学が遵守すべきソフトウェア使用に関する制約事項が規定されています。
特に、ソフトウェアを使用可能にするためのプロダクトキーの管理については厳しい義務が課せられています。
 

利用資格の喪失

本学が日本マイクロソフト株式会社との包括ライセンス契約を解除した場合、または利用者が本学構成員でなくなった場合は利用資格を喪失します。
 

ソフトウェアの削除義務

  • 本学所有の PC を他機関に譲渡、並びに PC を破棄する時は、PC の管理者(利用者)は対象ソフトウェアを削除する義務を負います。
  • 本学がレンタル契約している PC の契約が終了した時は、レンタル PC の管理部局(管理・運用担当者) はレンタルされた全ての PC から対象ソフトウェアを削除する義務を負います。
  • 教職員、学生が所有する PC を他人(家族を含む)および業者等に譲渡、売却、並びに PC を破棄する時は、利用者は所有する PC から対象ソフトウェアを削除する義務を負います。
  • 利用資格を喪失した教職員、学生は、所有する PC から対象ソフトウェアを削除する義務を負います。

 

公開講座等での対象ソフトウェアの利用

本学が保有する PC であれば、大学主催の公開講座等の行事において無償および有償での第三者使用が許諾されています。
一般に開放している研究所または図書館を利用する一般利用者の数を把握する必要はありません。
また、災害時の避難場所として利用される際の共用 PC 等でも使用可能です。
 

学生が個人利用する PC についての注意事項

本学が所有する PC でも、学生に貸与するなど学生の個人利用を認めている PC は包括ライセンス本体の対象とはならず、対象ソフトウェアをインストールして使用することはできません。
ただし、Student Advantage 特典および Student Use Benefit 特典を利用することはできます。
 

本学経費で PC を購入・レンタルする時の注意事項

  • Microsoft Office を購入する必要はありません。
  • Microsoft Windows Upgrade はアップグレードライセンスですので、Microsoft Windows は必ず購入してください。
  • Mac に Microsoft Windows をインストールすることもできますので、Mac で Windows を利用する場合にも、Microsoft Windows を購入する必要はありません。

 

本学経費で Microsoft Windows Server 等を含むシステムを導入する場合の注意事項

  • Windows CAL (Client Access License) を購入する必要はありません。