ニュース


迷惑メール等送信防止対策(Outbound Port 25 Blocking)の実施について(4/2)

  • 遮断開始日:平成24年5月8日(火)

    概要

    標記の件について,コンピュータ間の通信において、電子メールの送信については,25番と呼ばれる通信ポート を使用することが標準として定められています(受信は110番ポート)。現在,この25番ポートを使用した,学内のサーバや端末から学外への直接通信を許 可しておりますが,コンピュータウイルスに感染したサーバや端末が,利用者の認識のないうちに迷惑メールの発信源となったり,情報漏洩の原因となる可能性 があります。

     

    つきましては,多くの通信事業者や他大学と同様に,本学においても当該通信の遮断(Outbound Port 25 Blocking)を行うこととしましたのでお知らせします。

     

    本措置は,本学の電子メールシステムのみを利用している一般利用者に影響を与えるものではありませんが,各部局の担当者におかれましては,本メールを受信する環境にない教職員・学生への通知等,また教員各位におかれましては,研究室に所属する学生等への通知につきまして,ご配慮方よろしくお願いします。

     

    影響が無いもの 1.情報メディア基盤センターが管理する本学メールシステムの利用
    (自動転送機能により学外メールアドレスへ転送する場合を含む)

     

    2.本学内からの民間プロバイダ等メールシステムの利用において
    (1)WEBメールの利用
    (2)メールソフトにおけるメール受信
    (3)メールソフトを用いた(587番ポートを利用する)メール送信

    影響があるもの 1.本学内からの民間プロバイダ等メールシステムの利用において
    (1)メールソフトを用いた(25番ポートを利用する)メール送信

     

    2.部局メールサーバ等,直接学外へメール送信を行うサーバを構築している場合※

     

    3.監視装置等,機器やシステムに異常が発生した場合,メーカーや保守業者のメールシステムに対して,直接メールを送信する仕様である場合※

     

    ※については,本措置を実施した場合影響が生じることから,本措置の除外対象とする旨の申請を受け付けます。

    申請フォーム Word版
    PDF版
[最終更新日]2014/03/26