ブラウザ先読み機能停止方法(電子ジャーナルや電子ブックを利用される方)


ブラウザ先読み機能について

ブラウザにはページの表示速度を上げるために、実際のアクセスよりも前にページに接続し、データなどをダウンロードする「先読み」の機能があります。
この機能が働いていると、大学のネットワーク上で通信がより多く発生します。その結果、他の利用者の通信に悪影響を与える可能性があります。
特に、電子ジャーナルなどの利用時には意図しない大量のダウンロードにつながり、大学全体でそのサービスを(一時的にせよ)受けられなくなることが予想されます。

先読み機能はパソコン上でブラウザごとに停止させることができます。
以下の画面例を参考に、先読み機能停止の設定を行うようお願いします。

Microsoft Edge

 

[設定] → [プライバシーとセキュリティ] →  [ページ予測を使用]の”閲覧速度の向上、読み取りの改善、全体的な使用感の向上に役立ちます”をオフにします。

link_edge

FireFox

 

URL欄に[about:config]と入力して[Enter]
 ”動作保証対象外になります!”という警告ページが表示された場合は、[危険性を承知の上で使用する]
をクリックします。コンフィグ画面の[network.prefetch-next]をダブルクリックし[false]にします。

link_firefox

Google Chrome

 

[設定] → [詳細設定]を開き、[プライバシーとセキュリティ]メニューの”ページをプリロードして、閲覧と検索をすばやく行えるようにします”をオフにします。

link_google

 Safari

 

メニューバーの[Safari] → [環境設定]を開きます。
 [検索]タブの”バックグラウンドでトップヒットを事前に読み込む”のチェックをはずします。

 link_safari

[最終更新日]2019/11/07